2014年9月9日火曜日

◆五泉市のモデルハウスを見学してきました。

こんにちは!
編集部の鈴木です。

今日は五泉市緑町にあるモデルハウスにお邪魔してきました。
こちらの住宅は五泉市の工務店「巣楽設計事務所/(有) 齋藤仁建築」さんのモデルハウスで、今年の7月にオープンしたものです。

巣楽設計事務所/(有) 齋藤仁建築さんは、五泉市巣本にある工務店。
在来工法で大工の伝統技術が生きる家を手がけており、木の素材感がふんだんに感じられる心地よい空間づくりが特徴です。

今回のモデルハウスについて、専務の齋藤直矢さんから設計意図をうかがいました。
「まず、無垢に囲まれた空間を作りたかったですね。
リビングには、床はもちろん、壁面や天井の仕上げにも無垢材をあしらっています。
間取りはシンプルにして、室内の色数も抑えることで、長く住んでも飽きが来ない家を目指しました。また、ベランダやウッドデッキをつくるのではなく、リビングに隣接した庭を広めにとることで、自由度の高い外部空間にしています。コストを抑えながら敷地を有効に使うアイデアも参考にしてもらえればと思います」

では、気になるモデルハウスを見てみましょう!

まず、外観がこちらです。
南東向きの約80坪の角地に立っています。
L字型の建物と、車2台を格納するガレージがコの字型の平面をつくり出します。


外壁のガルバリウムのハードな質感を和らげるように、さりげなく植栽が彩ります。
アクセントに使われている杉板との相性もいいですね。


広々としたガレージ。
雨や雪の日でも、玄関まで雁木のような通路を歩いて行くことができます。



玄関に入って左側は6畳の客間。
無垢材を組み合わせたオリジナルの建具や、満ち欠けする月のような影を落とす丸窓など、粋なあしらいが見られます。




玄関から右へ行くと、約22.5畳のLDKが。
長方形のシンプルな形で、手前はダイニング・キッチン、奥はリビング。
そしてその奥には約15畳分の広さを持つ芝生の庭が広がっています。


キッチンはウッドワン製で、外側には無垢を張っているので、空間に自然に溶け込んでいます。
鋳物の取っ手のざらざらとした感触も心地いいです。


キッチン背面にはカップボードとたっぷりの収納スペースが。
マグネットが貼れる機能的なステンレス製建具も取り付けられています。


リビング側から眺めるキッチン。
キッチン天井は針葉樹の無垢材で仕上げ。間接照明が穏やかに室内を照らします。


そして、リビングの壁面には造作の飾り棚が。
棚の上下で異なる樹種の板を張り分けて、遊び心ある壁面にしています。


こちらは、リビングの奥に続く芝生の庭です。
「これだけの広さをとれれば、子どもを遊ばせるのにもいいですよね。
キッチンから見えるので、安心して遊ばせておくことができます。
家にいながらバーベキューなどのアウトドアもしやすく、リビングの延長として使うこともできますしね」と、齋藤さん。


実にさまざまなアイデアが散りばめられたこちらのモデルハウス。
今後1年くらいは土日曜の10時~17時に見学ができるようですので、
興味のある方はぜひお出かけしてみてはいかがでしょうか!?

詳細は下記ホームページの「イベント」ページをご覧ください。

巣楽設計事務所/(有) 齋藤仁建築 ホームページ

(鈴木)

0 件のコメント:

コメントを投稿