2015年9月11日金曜日

トーヨーキッチンスタイルの新商品「MEGA KITCHEN」が、9月12日(土)トーヨーキッチンスタイル新潟ショールームに登場!!

高級キッチンメーカーとして知られるトーヨーキッチンスタイルですが、新しく最大全長6,490mmもある巨大キッチン「MEGA KITCHEN」シリーズが発売されました。
トーヨーキッチンスタイル新潟ショールームで9月12日(土)に展示スタートする「MEGA KITCHEN」を、一足早く見学をさせて頂きました。

一般的な住宅やマンションのキッチンでは全長2,550mmのものが多く見られますが、この「MEGA KITCHEN」の最大サイズは、その約2.5倍!
しかも、幅は1,460mmもあります。一般的な壁付けキッチンの幅が650mm程度なので、ここも約2倍。

規格外のサイズ感ですが、その理由は、トーヨーキッチンスタイルが、そもそも一般的なキッチンとは異なるコンセプトを持っているからなんです。
かつては、リビングやダイニングが暮らしの中心で、キッチンは調理という機能が重視されるサブ的な場所と位置付けられていたかと思います。

しかし、トーヨーキッチンスタイルが提唱するコンセプトは、ずばり「キッチンに住む」。
それゆえにキッチンをただ料理をするための「機能」と捉えずに、日常にワクワクする体験をもたらすような場所として、暮らしを提案しています。

今回登場した「MEGA KITCHEN」は、そのコンセプトをさらに深く追究したシリーズと言えそうです。

MEGA KITCHENは、キッチンが持つ「料理をする」「家族が集う」「友人を招く」という役割に加え、子どもがキッチンで勉強をしたり、ご主人がキッチンでワインを傾けながらくつろいだり、さらに家族や友人が集うパーティーが開けたり…と、多くの人が集まり、さまざまな体験が生まれる可能性にあふれています。

それに、ご主人の書斎のデスクも、子どもの勉強机も、奥様の家事スペースも、キッチンという場所に集約されると、実はとてもシンプルなライフスタイルが実現できるかもしれませんね!

では、「MEGA KITCHEN」の特長を見ていきましょう。

1つ目は天然石を使った重厚な質感です。
念のため言い直すと、「天然石風」ではありません。天然石です。
薄くピーリングした天然石が表面に貼り付けられており、石のざらりとした質感や、一つ一つ異なるムラまでが現れています。
写真では伝わりませんね…!是非ショールームで見て触って頂くと感動が味わえると思います。

2つ目は360度回転する水栓。
IHとシンクの間に設置された水栓は360度自在に動くため、例えば鍋に水を足したいときなど、IHの上に置いたまま水が足せるんですね。
非常に機能的でありながら、シンプルで洗練されています。
カタチが数字の7に似ていることから「SEVEN」という名前が付けられています。

3つ目はクリスタルのような透明な脚。
その透明さゆえに、キッチンが宙に浮いているかのように見えます。この脚にはオプションで照明を入れることができ、夜にキッチンだけが浮かび上がるような幻想的な空間ができるそうですよ。
「キッチンってこういうもの。」という既成概念を打ち壊し、新しい価値を提供するトーヨーキッチンスタイル。想像を超えたサイズのキッチンが、これまで考えつかなかった新しいライフスタイルを生み出してくれそうですね!
 ↑新潟ショールームに置かれたMEGA KITCHENは全長約3.6mのもの。
↑キッチン上部には相性のいい照明が。

さらに、トーヨーキッチンスタイルで扱っているのはキッチンにとどまらず、ソファやテーブル、照明やミラー、洗面台など多岐にわたります。

ヨーロッパ製の洗練されたデザインのプロダクトを厳選しており、暮らしをトータルで提案してくれるセレクトショップのようでもあります。
家を建てた後、家具を購入するためにリピーターになるお客さんが多いというのも納得です。
これから家づくりを考えている方は、まずトーヨーキッチンスタイルのショールームを訪問することで、これまで抱いていたキッチンのイメージが大きく変わるかもしれません。

取材協力:トーヨーキッチンスタイル新潟ショールーム
参考HP:MEGA KITCHEN
(ハウジングこまち編集部 鈴木亮平)

0 件のコメント:

コメントを投稿