2013年7月31日水曜日

古道具・古材のワンダーランド @長岡市・井口製材所

編集長の沢井です。

先週末、長岡市(旧越路町)の「井口製材所」さんに遊びに行ってきました。

こちらは某住宅会社の社長さんから「古道具のワンダーランドだよ」と噂をお聞きして
いたところで、どうやら知る人ぞ知るお店(?)のようです。
解体した古民家で出た古材や古道具を再利用してもらおうと、比較的安価で販売して
います。





こんな感じで点在する倉庫5~6棟(…もっとあったかな?)に、膨大な量のストックが。



噂に違わぬ品揃え。じっくり見て回ったら半日かかるんじゃないかってくらいの量です。

アンティークな家具・照明器具から昔の農具、陶器、その他もろもろの
“古くて味わい深いものたち”が広い倉庫に押し合いへし合い。


 私のお目当ては、メダカを外で飼うための水盤だったのですが、ちょうどいいサイズが
なくて断念。それでも、テンションの上がるラインアップでした。


古い建具からお地蔵さん(道祖神?)まで。

こういった、いわゆる骨董の類いは、店によっては驚くほど高く売られていますが、
こちらは良心的な価格設定になっています。
「なるべく使っていただきたいので」という、お店の方の言葉にナルホド。

また、お邪魔しようと思っています。

これから家を建てる方、ちょっとアンティークなエッセンスを加えたいと思っている方は、
何かしら見つけられるんじゃないでしょうか。

ダイニングテーブルに使えそうな木材のストックも豊富でしたし、ちょっと足を伸ばす価値は
あり! だと思います。



帰り道は、すぐ近くの「岩塚製菓 直売店」へ寄り道。


商品写真を撮り忘れちゃいましたが、せんべい類をお得に買えるこちらもオススメです。

※なんだか読み返してみるとPRみたいですが、井口製材所さんからも岩塚製菓さんからも
 広告料は頂いておりませんです。(笑)

2013年7月30日火曜日

大阪強行視察

こんばんは~。編集部の関です。

お休みを頂き、一泊二日の強行日程で大阪に行ってきました~。
特急電車に揺られること約6時間。。。お尻が痛い(笑)

朝一で出かけて14時頃にやっと到着。
限られている時間の中、定番なところにパパッと行ってきました。

まずはココ!


通天閣どーん!!

定番アングルから一枚。


























通天閣の真下で一枚。
近くで見ると、けっこう大きいです。

通天閣のある新世界は、昭和の賑やかだった頃の歓楽街の雰囲気を強く残した町並みが広がっていました。



近くには地元の方達が利用する商店街もあり、その中にうどんやさんを発見。
「地元の人が行くお店なら間違いないだろう!!」と思って入ったら、やはり大当たり!


刻んだ油揚げに九条ねぎ、関西風のだしの「けつねうどん」は本当に美味しかったです。
これで600円。安い!



























このままだと、「ただの食い倒れツアーじゃないか!!」と思われそうですが(笑)
以前から気になっていたこの施設にも行ってきました。

ここもスゴク良かった!!




















こちらの話は次週!!

2013年7月29日月曜日

眠り猫

こんにちわ。
編集岩渕です。


この春から新入りの(♂・2カ月半くらい)。


名前は「ニョニョチー」といいます。
愛称は「にょっちゃん」。

検診で動物病院に行くと、
必ず看護婦さんが笑ってくれます。
「ニョニョチーボちゃん、中へどうぞ~♪」と言うのが、
どこか恥ずかしそうです。

そんなにょっちゃん。
猫のくせに階段の上り下りができない…。
リズム感が無い…。

と、ちょっと鈍くさいニャンなのですが。

私は寝顔が一番好きです。
色んなポーズで眠ります。

ピンク肉球がめっちゃめちゃかわいいんです♪























 こちら、ウルトラダイビングバージョン!!!


これからの成長がとっても楽しみなのであります★★






2013年7月26日金曜日

家も民芸?

編集部の沢井です。

めちゃめちゃ暑かった昨日、オーガニックスタジオ新潟さんのモデルハウスに
お邪魔してきました。


外構を大切にするオガスタさんらしく、石や植栽と板張りの外壁が雰囲気いいです。
写真にはほとんど写っていませんが、実はお隣さんもオガスタさん作の住宅。
外構が2軒で一体になっていて、ちょっとした風景になっています。

家同士が近い距離に隣り合う日本の住宅事情を考えると、そうやって外構の
調和で風景(町並み)を作る取り組みが、もっとあっていいように思います。



相模社長がお忙しい中、ご案内くださいました。
手前に見える看板は、新潟の陶芸家・後藤奈々さんのアトリエ「ナナカマド」のもの。
どうやら、こちらはオガスタさんのモデルハウスでありながら、ナナカマドさんの
アトリエでもあるようです。
ナラで造られた玄関ドアと陰影のある塗り壁の組み合わせが、優しげで上品。


玄関から入ると、LDK。

こちらのモデルハウスのテーマは「スタンダードであること」だとか。
モデルハウスだからと言って特別に高価なものを使わず、いつも使っている素材で
いつもと同じように建てられているそうです。

“スタンダード”という言葉には、オガスタさんの“いつもどおり”であることはもちろん、
「新潟の住宅づくりのスタンダードになり得るものをつくろう」という気概がこもっています。


トイレの手洗いボウルはナナカマドさんの作品。
ナナカマドさんの器がオガスタさんの家に似合うのは、作為的な“デザイン”をせずに、
役割(用途)に合った形にする、つまりは「素材に役割を持たせる」だけの美しさに
通じるところがあるからでしょう。
柳宗悦が民藝運動で唱えた「用の美」ってやつですね。
そうすると、オガスタさんの家も民芸ってことになりますね。…あんまり飛躍すると
相模社長に「ちごうて」と怒られそうなのでこのへんにしておきます。(笑)




2階ホールは新潟のクラフト作家さんの家具や小物のギャラリーになってます。
上のスツールはゲイミンカン・市川正和さんの作品。
市川さんの家具も、上述の意味で“民芸”だと思います。




ナナカマドさんのアトリエ。
せっかくご本人がいらしたのに、写真を撮らせてもらうの忘れてましたっ!


個人的にはこの花器が一番、気に入りました。
いやみがないというか、作家のエゴを感じない、美しい形だと思いませんか?



アプローチフェチの私としては、このへんもイチ押し。


オガスタさんのモデルハウス&事務所は、新潟市西区(小新インター近く)です。




2013年7月23日火曜日

もう申し込みました!? クオカードプレゼントキャンペーン!!

こんばんは~。ハウジングこまち編集部の関です。

7月も終盤ですが、天候が不安定な日が続いていますね。
たしか、梅雨も明けてないんですっけ??
昨年も新潟県は「気がついたら梅雨が明けていたようだ」的な発表でしたね(笑)

せっかくの夏ですから太陽の日差しを浴びたいですね~!



さて、ハウジングこまちでは現在、資料請求をするだけで『クオカード500円分』を
全員にプレゼントするキャンペーンを実施中です。
もうご覧いただけましたか??

まだ!って方は下記の特設サイトをチェックしてくださいね。

http://www.week.co.jp/housingkomachi/tokuten/campaign-nairankai13jul.php

http://www.week.co.jp/housingkomachi/tokuten/campaign13jun.php



応募は簡単!
最新号「ハウジングこまち2013冬・春号」掲載企業の資料を、
ハウジングこまちのWEB、または本誌のまとめてハガキ(FAX)から申し込むと、
『クオカード500円分』を、なんと全員にプレゼントしちゃいます!!

週末など、ご家族がそろっているときに、家づくりの相談をしてみてはいかがでしょうか?

8月25日(日)までの期間限定です!!


「子どもが小学校に入る、来年の4月までには家が欲しいなぁ~」って方は、今の時期がギリギリかもしれません?

ぜひ家づくりをオトクに進めてみてください~☆

2013年7月22日月曜日

◆モロッコのお宅拝見

こんにちは!
月曜日のブログ担当のスズキです。

JICAの仕事でモロッコに住んでいる友人のTAOKAさんから、
彼女が住む住宅の写真を送ってもらったので、ちょっと拝見させて頂きます!

ちなみに彼女が住んでいるのは、モロッコ南部の砂漠地帯に位置する、
エルラシディアという地方都市です。
こんな風景が彼女が暮らす家の屋上から広がっているそうです!




こちらが彼女の部屋の間取り。
かなりゆったり目の造りですね。




こちらがキッチンです。
L字型のキッチンに、タイル張りの壁。
ガスはガスボンベを購入して使っていて、大きいボンベ(約400円)で大体半年程度は持つそうです。




ちなみに、基本的に自炊だそうですが、週に2~3回モロッコ人の家庭にご飯を食べに行きます。
なお、毎週金曜日はモロッコではクスクスの日。
「モロッコのお母さんが時間をかけて作るクスクスはレストランでは食べられない美味しさ!」とTAOKAさん。




キッチンから一度ホールに出て、サロンへ入ります。
塗りの壁に、窓には地元の市場で売られているサボテンの繊維からできた布が、
カーテン代わりにぶら下がっています。

この部屋の難点は、夏になると塗りの壁が厚さを吸収し、夜になっても熱を発すること。
夏のエルラシディアは平均40度程度まで気温が上がるため、床に水をまくなどして暑さ対策をしています。
床に引かれたラグも、地元の市場で売られており、どこの家庭でも使われているものだそうです。




再びホールに戻ります。
ホールで注目したいのは、イスラム建築独特の曲線のアーチ。
これは多少の差はあれど、どこの家にも見ることができます。




寝室もサロンと同様の造りです。
棚は部屋の備品として置かれていた簡素なものですが、シンプルな形ゆえに使い勝手がかなりいいそうです。
ここで注目したいのが籐製の「マルシェバック」というかご。
これは市場で売っていて、物入れにしたり、野菜を入れたりと、色々な使い方ができる優れもの。
TAOKAさんは、洋服入れや薬箱として使っているそうです。






ちなみに天井の照明はこちら。
タイルの幾何学的モザイク、八角形のモチーフはイスラム美術・建築には書かせません。
幾何学的模様以外に多様されるのが、植物模様、アラビア文字模様だそうです。




階段を上がると屋上に出ます。
雨がほとんど降らず、日差しもかなり強いため、
ワイヤーの物干しに3時間も干せばカラカラに乾くのだとか。




ところで、「強い日差しと紫外線、乾燥で私の肌も髪もカラカラです。」とTAOKAさん。
そんな肌や髪に厳しい環境で活躍するのがアルガンオイル、ガスールと呼ばれる天然の泥パック、そして髪をケアするヘンナ。
モロッコにはこのようなナチュラルコスメが多く、大変重宝しているそうです。




ちなみに時々発生する砂嵐により、洗濯物が吹き飛ばされてしまうことがあるそうで、
洗濯物を干すときは雨よりも砂嵐に注意が必要ということです。
「家の下にあるカフェのおじさんの頭上に何回か洗濯物を落下させてしまい、気まずい&恥ずかしい思いをしました(汗)。」(TAOKAさん)

この家は3階建てで、彼女の部屋を含め3世帯がはいっており、家賃は1500ディルハム(約15000円)。
エルラシディアでは、家賃を入れて、特に無駄遣いをしなければだいたい一ヵ月30000円あれば暮らして行くことができ、毎晩、日本では見られない数の星が夜空に眺められるそうです!

ただ、一番の悩みは宗教上の理由でビールがあまり売られていないこと。
特に女性がアルコールを購入するのはかなり難しいのだとか。

以上モロッコの住宅&生活レポートでした!





2013年7月18日木曜日

いざ山形!!

編集部の藤原です。

先週末、秋田に住んでいる友人に会いに…
山形へ行ってきました。笑
お互いの中間地点で合流した感じです。
物心ついてから初めて山形に降り立ったので、
色々と新鮮でした。ほぼ下道で行くんですね…!国道7号線!


まずは名物の肉そばを食べて…


サクランボ狩りをし…


双子のサクランボを収穫♡

…見返したら写真がこれしかなかったんですが
なんとか終日お天気も良く、楽しい1日を過ごせました。

次回はぜひ、泊まりで行きたいと思います♪

2013年7月17日水曜日

暗闇にうごめくもの

こんにちは。編集部の沢井です。

ぼちぼち暑くなりつつある今日この頃、わが家の庭も夏らしくなってきました。



春先にご近所さんのお父さんから植えて頂いたひまわりも、立派に花を咲かせました。
アゲハ蝶とツユムシ(キリギリスの仲間)が止まっているのが見えますでしょうか。


こちらも、ご近所さんから頂いたメダカと水草。
いまは発泡スチロールの箱に入っているのであれですが、水鉢にでも入れ替えれば、
きっと涼しげな添景になってくれることでしょう。




さて“コイツ”も庭先で見つけた「夏の到来を感じさせる存在」ですが、虫が苦手な方は
ご覧にならないほうがいいかもしれません。(笑)




夜遅くに庭に出たら、足元でそこそこの大きさの虫が動く気配が。
真っ暗で見えなかったので携帯のカメラでフラッシュ撮影してみると…
(もうクワガタか? それともカブト??と期待してたのに…)



















久しぶりに見ました。(笑)
子どもの頃から虫は大好きな私ですが、コイツだけは、ダメですね。
直には触れない。
別に、気持ち悪いビジュアルでもないと思うんですけど。どうしてなんだろ??


2013年7月16日火曜日

今年の夏も十日町がおもしろそう☆

こんにちわ。
編集部岩渕です。

三連休が終わりましたが、
皆様どのように過ごされましたか?

私は先週末から日町リーク!
週末に引き続き、昨日もを堪能してまいりました。

まずは腹ごしらえ!
私たちと長岡の武田支局長は、
小千谷にある麺や ようかさんへ。






私たち二人は、濃厚鶏塩らーめんをオーダーしました。
噂には聞いておりましたが、とっても美味しい~♪♪


訪れたのは越後妻有の自然・風土をテーマにした現代美術館

とっても暑い気候でしたが、建物の中心にある水辺が涼を感じさせてくれます。



7/20(土)に開かれる、磯崎道佳さんのワークショップ
「ぞうきんぞうたち」のぞうさんが、開催に控えてお昼寝中♪♪







施設内にあるミュージアムショップでは、
デザイン公募によるクリエーターや
芸術祭参加作家により生み出された越後妻有の名産品がズラリ!
パッケージがスタイリッシュで、思わず買い物してしまいました!


2回目のエリア訪問では、
まつだい駅至近にある








移動中の車中からも、
さまざまなアート作品を見ることができました。


帰り道はもちろん!



夏の!内覧会・イベントへ行こう!キャンペーン】開催中

ということで、
お世話になっている山﨑建築事務所さんの
完成見学会へ!




タイルをまとった贅沢な外観が特徴のお宅。

夏の季節だからこそ快適さを確認できるのも
この時期ならではですよね~。


内覧会・イベントへ行こう!キャンペーン】
は、8/11(日)まで引き続き開催中です。
ぜひ、十日町エリアのアート散策→内覧会キャンペーンという
モデルコースを、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。